川崎で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

熱中症はFIREが必要です!

こんばんは!

最近は暑くなりすぎてたまらない日々が続いてますね

体調は大丈夫ですか?

今回は熱中症についてです。

 

「熱中症」とは、

“高温・多湿の環境に身体が適応しないことによって起こる様々な症状の総称”

で、進行状況や内臓、身体機能への影響によって、細かく4つに分類されます。

■熱失神

暑さによって末梢血管が拡張し、血圧が低下する
血液の循環量が不足し、めまいや失神が起こる

■熱けいれん

大量の発汗によって、ナトリウム量が低下する
筋肉が硬直して、筋肉の痛みやけいれんが起こる

■熱疲労

大量の発汗によって、脱水状態が進行する
体液の不足により、体温が上昇し、頭痛や吐き気、虚脱感が起こる

■熱射病

熱中症の分類の中で最も重症
症状が進行し、体温調節機能が失われる
40度以上の高熱がみられ、発汗が止まり、意識障害が起こる

 

最近では、上記のような分類では、実際には見分けは難しく、基準もあいまいであることから、
重症度に応じて診断基準を分かりやすくした、
Ⅰ~Ⅲ度分類が適用されることも多くなってきたそうです。

 

Ⅰ度は軽症とされ、熱失神・熱けいれんに当てはまります。
Ⅱ度は熱疲労に分類されます。
Ⅲ度は重症で、熱射病に当てはまります。
①中枢神経症状
②肝臓・腎臓機能障害
③血液凝固異常のうち1つでも症状に見られる場合、Ⅲ度と診断され、
Ⅰ度にもⅢ度にも当てはまらないものがⅡ度と診断されます。

 

では、予防するにはどうしたらいいのでしょうか。

 以下の点に気をつけましょう!

1 気温・湿度のチェック
熱中症は高温・多湿の環境に気をつけることが大切ですから、

気温と湿度のチェックを怠らず、

室内では、エアコンや扇風機で環境を整えることが必要です。

高温環境を示す数値は「暑さ指数」を参考にするようにします。

気温・湿度・輻射熱から算出する指数で、夏になると毎日予報がでますの

で、気にかけて服装などを決めると良いでしょう。

2 こまめな水分補給

暑い時は、目に見えなくても多量の発汗により、水分を失っています。

喉の渇きを感じる前に、こまめに水分を補給することが必要です。

特に運動や労働時は、注意が必要です。体を動かしている時は、

15分~20分おきには休憩をとり、水分補給しましょう。

 

3 暑い中での無理な運動を避ける

運動時は熱中症のリスクが高まります。

最も暑い時間の活動を避け、運動時間を短縮するなど、

リスク管理が必要です。

普段より多く休憩をとるようにして、

体調によっては、中止しなければいけません。

特に運動経験が少ない人は、リスクが高まります。

暑い時に急に運動を始めるよりも、日頃から運動をし、

体を慣れさせておく必要があります。

 

4 服装
吸水性や速乾性に優れている通気性の良い素材を選ぶようにしましょう。

体を締め付けすぎないように気をつけ、熱を逃す工夫をします。

淡い色の方が暑さを吸収しにくいので、白などの色を選ぶようにして、

帽子や日傘で日差しを遮るようにします。

 

5 体調管理
疲労や体調不良が、熱中症の発生リスクを高めます。

寝不足や食生活が乱れないように、

日頃から体調管理を怠らないようにすることが大切です。

そして緊急対応としてFIREが大事です!

・E:Emergency 緊急事態の対応
まずは、意識の確認を行います。反応が無ければ、気道確保・呼吸の確認・心拍の確認と、
緊急時の対応を行い、救急要請をします。
意識があれば、名前や日付など簡単な質問で、意識障害がないかどうか見極めましょう。
言動に異常があれば、すぐに搬送準備をします。

 

・R:Rest 安静
運動や労働を行っている場合にはすぐに中止し、休息をとります。
日陰で風通しの良い場所や、冷房の効いた室内などに移動し、
高温多湿の環境を改善して安静状態を保ちます。
寝かせる時は、脳への血流が増えるように、仰向けで寝かせて足を高くするか、
楽になれるよう横向きに寝かせます。

 

・I:Ice 冷却
衣類を緩め、靴は脱ぎ、なるべく熱が放散しやすい状態にします。
水や濡れたタオルで体を濡らし、風を送ることで、気化熱により体から熱が奪われます。
用意できる場合には、氷や冷えたペットボトルを利用して、脇の下や首を冷やします。

 

・F:Fluid 水分と塩分の補給
熱中症の場合には、水だけでなく、塩分を同時に摂取します。
水1リットルに、砂糖大さじ4、塩小さじ2分の1を加えた
簡易の経口補水液を準備しておくと良いでしょう。
市販のスポーツドリンクには塩分が足りない商品もあるので、
そうしたスポーツドリンクを飲む場合には、塩分を同時に摂取する必要があります。
呼びかけに応じない場合や、吐き気がある場合など、
自分で飲めない場合にはすぐに救急搬送し、点滴による水分補給が必要です。
ここで無理に経口補水を行うと、誤飲する危険が高いので避けなければなりません。

 

 

■症状に合わせた対処

 

・Ⅰ度
筋肉のけいれんやめまいの症状がみられたら、すぐに休息をとり、高温多湿の環境を改善し、
衣服を着替えるなどして、体の熱を放散します。
水分補給をして十分に症状が改善するまで安静状態を保ちます。
症状が悪化するようであれば、すぐに病院に搬送する必要があるため、
一人にしないようにして観察します。

 

・Ⅱ度
頭痛・嘔吐・倦怠感などの症状が現れたら、直ちに高温多湿の環境を改善し、安静にします。
自分で水分を補給できる場合には、水分と塩分の補給をし、病院に搬送します。
重篤な状態に移行しなければ、数時間の経過観察で帰宅が可能です。
高齢者や持病がある場合や、経過が良好でない場合は、入院が必要になります。

 

・Ⅲ度
意識障害があり、体温が40度以上、発汗の停止などの症状が現れたら、
直ちに救急搬送の準備を整えて、急速に体を冷やします。
救急隊が来るまでは、「FIRE」を実施し、悪化を防ぎます。
意識が無い場合には、気道確保・呼吸の確認・心拍の確認が必要です。

熱中症の発症には大きく分けて「環境」と「身体」の2つの原因があります。

 

■原因1 環境
・気象
熱中症は高温・多湿の環境で多発します。
特に風が弱く、日差しが強いなど条件がそろうと発生が増加します。

 

・時期
真夏の炎天下というイメージが強い熱中症ですが、実は6月頃から増え始めます。
ピークは7月下旬で徐々に減っていきます。これは、体が暑さに慣れていないためです。
梅雨明けで急激に気温が上がる頃に注意が必要です。

 

■原因2 身体の状態
・性差・年齢差
全体でみると男性の発生が多いとされます。
乳幼児と高齢者は性別に関係なく発生が多い傾向にあります。
特に高齢者は死亡率も高く注意しなければなりません。

 

・発生状況
乳幼児と高齢者においては、日常生活での発生が多いです。
乳幼児の場合には、体温調整機能が未熟で発汗量が多いことが原因で発生します。
自身で体調不良を訴えることができない事も多いので、よく観察が必要です。
高齢者の場合には、住居での発生が多く、周囲が発症に気が付かないことも多く危険です。
加齢によって暑さに対する感覚が鈍り、
冷房を使ったり衣服を調整したりする対処が遅れることが原因のですので、
周囲からの注意喚起が必要です。
その他、10代ではスポーツ時、40代・50代では労働中の発生が多い傾向にあります。

 

・持病
持病があり普段から薬を服用している、風邪をひいている、疲労がたまっているなど、
抵抗力が低下している場合はリスクが高くなります。
発熱や下痢をしている場合も脱水を起こしやすく危険です。
発熱や下痢の症状が、すでに熱中症の症状である可能性もありますので、気をつけましょう。

これから40度超える日が続くと思いますので、

熱中症にはくれぐれも気をつけていきましょう!

川崎院の明日の予約状況

明日は10:30からご予約が可能です。

お電話をお待ちしております!

川崎で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP