川崎で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

脳圧が高くなってしまうのは姿勢が悪いからかもしれません

こんにちは!

暑い日が続いてますね!

体調は大丈夫ですか?

 

突然ですが以下の項目に心当たりはありませんか?

・頭がボーとなってやる気が出ない

・目の奥が重い感じがする

・文字が読みにくい

・耳がつまっている

・吐き気がする

・頭が痛い、もしくは重い

・疲れているのに眠れない

 

けど、病院に行っても異常がない

 

この原因は脳圧の上昇が原因かもしれません

脳圧は、脳と脊髄の周りに流れる「脳脊髄液」の流れによって起こる水圧のことです。

脳圧が上がることで、上記のような症状以外にも

身体がだるくなったり、パニック障害になったりして、

水頭症や認知症、緑内障にも大きく関わっています。

 

この脳脊髄液は脳の中の血液を原料として作られています。

無色で栄養のある一種のリンパ液です。

そして、脳を包むクモ膜と軟膜の間を満たす液体です。

また、脳内を循環して吸収されるものと、

脊髄に沿って先端まで下降するものに分かれます。

 

この脳脊髄液が流れているのが、脳と脊髄からなっていて

脊柱管に包まれている神経組織の中枢神経です。

この循環により脳と脊髄への栄養供給と排泄が行われて

代謝を促進しております。

そして頭蓋骨の中では脳脊髄液の中に

脳と脊髄が浮いている状態になっております。

 

この脳脊髄液の流れが悪くなると

頭の中の液体が過剰になり脳圧が上昇してしまいます。

高まった水圧の状態が長期化すると脳が圧迫され

脳機能が低下してします可能性があります。

 

では、どうゆうときに流れが悪くなるのでしょうか。

それは、背中を丸めた姿勢が長く続いているときです。

それにより顎が突き出された状態になり

頭が前に滑るようになってしまいます。

この状態になってしまうと、脳脊髄液の流れている

脊柱管が狭くなってしまい

頭の中に入りきれなかった脳脊髄液が

背骨のほうにながれにくくなってしまいます。

 

つまり、脳脊髄液が上手く循環しなくなってしまい

脳脊髄液が頭にたまって頭痛が発生

脳が委縮してしまう

顎が前に出てしまい呼吸が浅くなり

首や肩のこりが発生する

それにより目がかすんでしまったり

身体がだるくなったりします。

 

高まった脳圧は、ほかにも頭蓋内の脳脊髄液が行きわたる

あらゆる組織に悪影響をもたらします。

 

眼・耳 ⇒ 眼圧や内耳の圧を上昇させる ⇒ 目の奥の痛み・めまい・耳鳴り・後頭部のこり

脳 ⇒ 硬膜が圧迫される ⇒ 頭痛

眼の後ろ ⇒ 目の動きが悪くなる・目が疲れやすくなる

脳幹 ⇒ 体のふらつき

眼球 ⇒ 前後の動きが阻害される ⇒ 眼球が動かしにくくなる ⇒ めまい・吐き気

 

対策としては正しい姿勢を意識して

頭を前に出さないようすることです。

頭が前に出ていると感じたら

軽く後ろに顎を引いてみるといいと思います。

 

正しい姿勢を意識して

この暑い夏を健康に乗り越えましょう!

 

川崎院の明日の予約状況

明日は10時からご予約可能です。

お電話をお待ちしております!

川崎で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP