川崎で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

クーラー病が夏バテを招くかもしれません

こんにちは!

連日、気温が一気に上がり暑くなり、体調管理が大変ですね

こんな暑い時期に欠かせないのがクーラーですね

ウチでもクーラーをつけてます(;^ω^)

 

突然ですが、クーラーを毎日つけている方で

以下の項目が当てはまる場合は、クーラー病の可能性が高いです!((+_+))

・体の冷え

・むくみ、こむら返り

・だるさ、疲労感、イライラ

・頭痛、肩こり、腰痛

・のどの痛み、鼻炎

・腹痛、便秘、下痢、食欲不振

・肌荒れ

・生理不順、生理痛の悪化

 

ちなみにクーラー病は別名冷房病とも言われてますが

正式な病名ではないそうです。( ..)φメモメモ

夏のエアコンが原因で、

暑さや寒さに対応して体温を一定につ働きを持っている

自律神経が乱れることによって起こります。

自律神経が乱れる原因は

・エアコンによる過度な体の冷え

・室内と屋外の激しい温度差

が原因と考えられます。

自律神経は5度以上の急激な温度差が頻繁に起こると対処できなくなってしまうと言われてます。

それにより、温度差による体の疲労と、発汗作用が低下することにより

疲労物質の蓄積してしまい、夏バテを招きやすいと言われています。(*_*;

 

これに、冷たい食べ物の摂りすぎや熱帯夜による寝不足

旅行やイベントなどでの不規則な生活が重なると、さらに夏バテになるリスクが高くなります。(/ω\)

 

では、このクーラー病ですが、どのような対策をしたらよいのでしょうか。(^_^;)

 

①温度差を5度以内に

屋内外の温度差を5度以内にする必要があります。

室内のエアコン設定温度は27~28度が良いとされてます。

ただし、外が暑すぎる場合は、室内が「寒い」と感じない程度に設定して

24度以下には設定しないようにしましょう。

 

②衣服で調節

体温調節も大切です。

エアコンの温度や風向きを変えられない場合もあります。

そんな場合は、上着やひざ掛け、靴下や腹巻などで調節する必要があります。

 

③汗を冷房で乾かさない

外から戻ってきたときは、まずは汗を拭きましょう。

エアコンで急に体から熱を奪われると余計に自律神経に負荷がかかります。

 

④血行を良くする

体の冷えすぎは血流の悪化によって起こります

エアコンが効いたところでは、ストレッチをするなどして体を動かして

血行を促すといいです。

又、夏はシャワーで済ませがちなので

ぬるめの湯船につかり半身浴をすることで

その日の冷えはその日のうちに解消しましょう。

 

⑤寝るときにはエアコンにはタイマーを

熱帯夜で眠れないからと一晩中クーラーをつけていると

クーラー病だけでなく夏風邪も招いてしまいます。

直接エアコンの風を当たらないようにした上で、

2~3時間程度のタイマーを設定してから寝ましょう。

 

⑥温かいものをバランスよく食べる

涼しい屋内では、なるべく飲み物も温かいものにし

食事も冷たいものばかりたべるのは避けましょう。

体を内側から冷やさないように注意してください

 

⑦暑いからこそきれいな姿勢を

暑くてバテてしまうと姿勢も丸くなります

丸くなると肩が前に出やすくなり

筋肉が収縮することにより自律神経の流れが悪くなります

暑いからこそしっかりと骨盤を起こして

きれいな姿勢を意識していきましょう

 

エアコンの温度調節、自分の体の温度調節を上手くして

この暑い夏を健康で乗り越えていきましょう!(^_^)/~

 

川崎院の明日の予約状況

明日は12時からご予約が可能です。

お電話をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

川崎で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP