川崎で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

美脚の要となる内転筋皆さんご存知ですか?

内転筋とは、太ももの内側にある筋肉の総称です。じつは、この内転筋が衰えると太ももが太くなりやすいのです。

これは脚をクロスさせたり内側に閉じたりするときに働く筋肉ですが、衰えると骨盤を開きにくくする力も弱まってしまいます。

すると、支えのきかなくなった骨盤は不安定になり、歪んだりねじれやすくなります。

骨盤の歪みやねじれが生じると体は太ももの外側でバランスをとろうとするため、太ももの筋肉が太く大きくなって脚が太くなります。

また、内転筋が衰えると脚を閉じる力も弱まるので、O脚の原因にもなります。

さらに、太ももが外側にねじられて面積が広くなったようにも見えるので、実際より太く見えるという弊害も起こります。

他にも内転筋には脚の血液やリンパを上半身へと押し上げるポンプの働きがあります。

 

つまり、内転筋を鍛えると、骨盤が整う、太ももの広がりを防げる、血流・リンパの滞りが改善されむくみがとれる、という点から

美脚に近づけます。

 

内転筋が衰えているかどうかは、

椅子に座る時に、つい脚を組んだり

足首をクロスさせてしまうクセがある方、膝を閉じたまま座っているのが辛い方は、内転筋が弱くなっている可能性があります。

注意しましょう。

 

川崎院明日の予約状況

明日は朝10時からご案内可能です。

 

川崎で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP