川崎で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

姿勢の崩れが肩甲骨の内側に負担をかける

こんにちは!今日は、肩甲骨の内側の痛みについてお話します。

肩甲骨と背骨の間の筋肉が凝り固まり血流不良による痛みが出るケース、肩甲骨と背骨の間の筋肉、それは 菱形筋群 になります。

菱形筋群とは

上部にある小菱形筋と

下部にある大菱形筋の

二つで出来ています。

主に肩甲骨を引き寄せる働きがあります。

猫背、巻き肩、ストレートネックなどの姿勢でいると、肩甲骨は開き菱形筋群への負担が大きくなります。

頭の重さが約5~6kg。それが背中に常に乗っていると・・・

さらに肩甲骨が開くと、肋骨が狭まり、背中の中からも緊張を高めます。

背筋を伸ばしている時、肋骨は上を向いています。

猫背、巻き肩になり肩甲骨が開くと肋骨は下を向きます。

肋骨が動く事によって緩む背中の筋肉肋骨が下垂する事により、呼吸が浅くなり背中の緊張を強める事につながります。

しかし、正しい姿勢になれば、背中の筋肉への負担を減らすことが出来るのです。

しっかり正しい姿勢をとるためには是非一度!jsメディカル整体院にご相談して下さいね!

明日の予約状況

明日は満員御礼となっております。

キャンセル・変更等も御座いますのでお気軽にお問い合わせください!

川崎で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP