川崎で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

川崎で姿勢・矯正するならjsメディカル整体院です。

腰痛は筋肉が痛んだり弱まったり、姿勢が悪かったりすることが原因となり同じ姿勢で長時間いたり無理に重いものをもったり、無理な体勢をとったりすることで引き起こされるというケースがほとんどです。

実は食べるものも腰痛に関係してくるのです。車のエンジンと同じように人の身体は筋肉が順調に動いて脊髄をサポート出来るためには適切な栄養素が必要となってきます。骨や筋肉を強くする疲労回復力を高めるなどの点を考えれば食事が腰痛に及ぼす影響は大きいです。腰痛に効く食べ物とは一体どのようなものがあるのでしょうか?

カルシウム

腰痛予防に最も大切なのがカルシウムです。健康な身体をつくる基本の食生活は栄養バランスの良い食事をすることつまり6つの基礎食品群からまんべんなく食品を摂取するように心がけることですが腰痛を予防するためには骨を丈夫にする必要があります。またカルシウムには精神を安定させる作用もありますから痛みにもよるイライラをしずめてくれる事も期待出来ます。

ビタミンC

腰痛にはビタミンCがお勧め。ビタミンCはコラーゲンというたんぱく質の形成を促進して組織を強固にする働きがあります。腰痛は背骨と背骨の間にある椎間板が老化などで擦り減ってきている時に起こりやすいです。椎間板はコラーゲンが多いのでコラーゲンの生成に不可欠なビタミンCを不足させてはいけません。ビタミンCを多く含む食品としてパセリやブロッコリー、ピーマンなどの緑黄野菜、レモンやいちごなどの果物があげられます。

コンドロイチン

コンドロイチンは軟骨を守る働きがあります。関節痛の軽減や痛み止め効果、傷の治癒促進効果。美容、美肌効果や肌荒れの予防効果などにも。コンドロイチンを多く含むのはねばねば系の食品。納豆,オクラ、海藻、山芋、なめこなどがあります。

腰痛予防に是非食生活から改善してみてはいかがでしょうか!!

明日の予約状況

明日は10時からご予約可能ですのでご連絡お待ちしております。

川崎で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP