川崎で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

どんな冷え対策も効果がない…その原因は骨盤かも!?

手足が冷えるので温かい飲み物を飲んだりひざ掛けを使用するなど冷えの対策をしても、なかなか冷え性が改善しない…と悩んだ方、いらっしゃいませんか?そんな場合、冷え性の原因は骨盤の歪みにあるかもしれません。

骨盤はなぜ歪む?

骨盤はなぜ歪むのかというと、「日常生活の中での何気ない動作やクセ」が原因。どのような動作・クセが原因になるかというと。

  • 同じ方向に足を組む
  • 左右どちらかに偏って椅子に座る
  • 立つときに左右どちらかに体重をかける
  • 出産による骨盤の開き

といったもの。

足を組んだり、左右どちらかに体重をかけているというのは思い当たる方も多いのではないでしょうか?

クセになっている姿勢は「楽な姿勢でいられる状態」になるのですが、左右どちらかの筋肉だけを使って負担がかかる生活を送っていると、骨盤が少しずつ歪んでいってしまう原因になってしまうんです。

また、女性の骨盤が歪んでいく原因の1つが「出産」。

女性ホルモンの働きによって出産時には骨盤が開き、出産後3ヵ月から4カ月する頃に骨盤は元の位置に戻りますが、左右のバランスが崩れてしまった状態で骨盤が戻ろうとすると、正常な位置に戻らず歪んでしまう原因になってしまうんです。

骨盤と冷え性の関連性

生活習慣や何気ないクセが原因となって歪んでしまう骨盤ですが、骨盤の歪みと冷え性とはどのような関係があるのかについてご紹介します。

骨盤が歪むと血行不良に

骨盤が歪むとどのような変化が起こるかというと、まず骨盤の周囲にある筋肉がバランスを崩して、次第に固くなってしまいます。

筋肉の中には血管が走っているので、筋肉が固くなることで血管を圧迫してしまうため、血行不良になってしまうんです。

 

骨盤が冷えを誘発する

骨盤の歪みによって血流が悪くなると、末端部まで十分な血流が流れず、筋肉からの疲労物質などが回収されなくなり、むくんだりセルライトができたりといった変化が生じます。

また、血流が低下することによって筋力低下を起こすため、基礎代謝の低下が起こったり冷え性になったりしてしまうんです。

骨盤が原因の冷えを放置するとデメリットがたくさん

骨盤が歪んでいると、血行不良から冷え性になってしまうという悪循環が発生しますが、骨盤の歪みによる冷えを放置していると、冷え性以外にもたくさんの症状に悩まされることに。

どのような症状が出てくるのかというと…

腰痛を発症

骨盤は身体の中心にあり、骨盤が歪んでしまうと筋肉のバランスが崩れてしまいます。骨盤の歪みを放置するしていると、慢性的な腰痛をはじめ、ぎっくり腰や椎間板ヘルニア・腰椎分離症といった疾患につながることも。

腰痛を「年齢のせいかな?」と考えずに、一度原因を調べることが大切ですよ。

足がむくみやすい

足がむくんでいても、「立ち仕事だから仕方ない…。」と放置していることありませんか?

骨盤が歪んでしまうと、骨盤を支える筋肉に負担がかかる結果、骨盤周囲の筋肉が固くなってしまいます。

その状態が長く続くと、筋肉の間を通っている血液やリンパ液の流れが悪くなるため、むくみやすくなってしまうんです。

毎日キレイな姿勢を保つことは難しく、立ったり座ったりしている時にクセがある方が多いのですが、崩れた姿勢は骨盤の歪みにつながり、足のむくみの原因になってしまう事もあるため、毎日の姿勢に気を付けることも大切ですよ!

太りやすくなる

骨盤が歪んでしまうと、骨盤内に内臓が下がってしまったり、身体の筋肉のバランスが崩れてセルライトができやすくなったり血液やリンパの流れが悪くなってしまうということが起こります。

血流・リンパの流れが悪くなることで、基礎代謝が下がってしまうということが起こるため、太りやすくなってしまうんです。

「ダイエットしているのになかなか痩せられない…」と悩んでいらっしゃる方、原因は骨盤の歪みかもしれません。

明日の予約状況

明日の予約状況は午前10時からご予約可能です。

ご連絡お待ちしております。

川崎で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP